名刺発注をする際にここだけは気をつけて

名刺は自分自身を紹介するアイテムとして、ビジネスマンには欠かせないアイテムです。そんな名刺は、まとめて会社が作成している場合もあれば、自分自身で作成し、業者に発注しなければいけない会社もあります。まとめて会社が作成している場合には、自分自身で業者に直接発注する事はないので、注意点はほとんどありません。しかし、自分自身で一から作成しなければいけない場合は、注意点がたくさんあります。勿論、一から作成するという事はそれだけ自分らしい、オリジナリティ溢れる名刺を作成できるというメリットもあります。ただ、そのメリットはこれから紹介する注意点を押さえた上で、取り入れるようにしましょう。そうすれば、初めての名刺発注でも失敗する可能性は低くなります。

名刺に記載する情報を絞り込もう

ついつい名刺にたくさんの情報を入れてしまうという方がいます。たくさんの情報が入っている名刺を受け取った相手は、どう感じるでしょうか?ただただ情報が羅列してある名刺では、一体何を伝えたいのかがわかりません。こうした名刺では役に立たないので、名刺発注前にきちんと記載する情報の絞り込みを行いましょう。まずは一度、名刺に記載したいと思う情報を書き出してみましょう。続いてその中から、特に重要な情報を絞り込んでいきましょう。この時に注意すべき点は、情報を絞り込みすぎないという事です。情報量が多すぎると見にくいからと、会社、名前、携帯電話といった情報だけにしてしまう方がいます。しかしこれでは情報量が少なすぎて、相手に何も伝わりません。その為、名刺発注の際には、情報量が少なすぎず多すぎないようにしましょう。

名刺のサイズとレイアウトにも注意

日本では標準的な名刺のサイズは55mm×91mmとなっています。名刺発注の際には、この標準サイズで作成するようにしましょう。しかし標準サイズで必ず作成しなければならないという決まりはどこにもありません。インパクト勝負で、標準サイズよりも大きなサイズの名刺を用いている会社もあります。ただ、標準サイズよりも大きなサイズの名刺の場合、一般的な名刺ケースに片付けられません。そうなると、名刺を渡された相手は収納に困ってしまい、折り畳まなければいけなくなる事もあります。相手に手間をかけさせない為にも、名刺発注の際には標準サイズを選ぶべきと言えるでしょう。また、適度に余白を残してレイアウトするという事も大切です。適度な余白のある名刺は、スッキリとして見やすく、相手に好印象を与えられるでしょう。