名刺発注をするときに気をつけるべきポイント

インターネットが普及したおかげで、今までなら店頭窓口に向かったり、営業の人に来てもらって依頼する必要のあったサービスを、手軽に注文できる時代になっています。名刺印刷においても同様の状態で、印刷サービスを提供しているサイトに訪れるだけで、誰でも名刺発注して高品質な名刺を作成できるのが便利です。受注を店頭ではなくインターネットで行うことから、とても割安な価格で依頼できるメリットがありますが、簡単に名刺発注ができるからといって、適当に作成すると失敗を招いてしまいます。本当に機能する名刺を作成してもらうためにも、気をつけるべきポイントをおさえた上で依頼する慎重さを持ちましょう。ポイントはいくつか存在しますが、さほど難しいものではありませんので、理解は簡単です。

デザインに拘るより見やすさやイメージを重視する

誰でも手間なく作れるように、多くの名刺印刷のサービスでデザインテンプレートを用意してくれています。イラストが豊富で、華やかなデザインのものが多数存在し、つい見栄えの良いデザインを選択したくなりますが、本当にそのデザインで構わないのかを考える必要があります。個人の趣味として作成するならデザインは自由で構いません。ビジネスで使うのなら、デザイン性よりも見やすさを重視する必要があります。読みやすい文字であること、余計な情報を詰め込み過ぎないことなどに配慮しましょう。デザインが会社のイメージとかけ離れているのはよくありません。割とシンプルな名刺の方が、誠実さをアピールできるといったメリットを持っています。名刺発注の際にはこれらのポイントを踏まえて、慎重にデザインテンプレートを選んでください。

自作の原稿を入稿する場合にはサイズに注意

予め用意されたデザインテンプレートではなく、自作の原稿を入稿して印刷してくれるサービスも多く存在します。拘りがあるならぜひとも自作の原稿で名刺発注をしたいところですが、原稿作成時には頻繁に発生する失敗例が存在するため、気をつけてください。名刺サイズには法的な決まりなどありませんが、日本の場合、普及しているサイズがほぼ決まっていますので、普及サイズで作成するのが無難でおすすめです。印刷サービス側でもサイズを指定していますので、それに習って作成しましょう。原稿は名刺サイズをそのまま作成するのではなく、余白を入れて少し大きめに作るのが一般的です。また、断ち切りの際に大切な文字やデザインが切れてしまわないように、仕上がりサイズよりも少し余裕をもって内側にデザインする必要があります。