スムーズな名刺発注をするために

営業ツールとして昔から使われているのが名刺です。紙切れに文字が印刷されているだけのものですが、1枚持っているだけで顧客獲得に繋がったり、商談が上手くいく可能性を秘めている、大きな存在でもあります。相手に社名や担当者の名前、連絡先などを覚えてもらうために、挨拶代わりとして差し出すものですので、所持していない状態だと商機を逃してしまいかねません。名刺を作成するなら、印刷会社などの専門的な業者に依頼するだけで簡単に手に入れることができます。名刺発注はスムーズに行えるほど、業務に集中できるようになりますので、方法を覚えておきましょう。ほんの少し配慮するだけで断然作成スピードが変わってきます。急な事態の時に困らないためにも、事業を行う上では必要な知識です。

予め原稿を作成しておくとすぐに発注できる

名刺発注では必ず原稿が必要になります。印刷会社側は印刷のみを担当しますので、名刺の内容まではわかりません。名刺に印刷する文字やロゴなどは、発注者側で作成するのが原則になります。スムーズに名刺発注をする場合、事前に原稿をどのように用意できるのかによって時間的なロスの発生の有無が変わってくることに注意しましょう。今の名刺印刷はネット注文が主流です。原稿はデータで入稿することがほとんどですから、予めパソコンソフトなどで原稿を作成しておきましょう。頻繁に社名や住所が変わることが無い限り、原稿データは使い回しがききます。最初は作成に時間がかかるでしょうが、完璧に作っておくと、毎回速やかに入稿することが可能です。常に利用する印刷会社を決めておけば、原稿サイズの修正作業がほぼいらなくなります。

納品を選べる印刷会社を覚えておくと安心

印刷会社では名刺が出来上がった後に、宅配便などを使って発注者に届けてくれます。届けられた時点のことを納品といいますが、納品スピードは印刷会社によって違ってきます。納期が固定のところからある程度自由に選べるところまで存在しますので、よく確認しておいてください。欲しいタイミングに納品してもらいたいなら、納期を選べる印刷会社に名刺発注をするのがおすすめです。店頭受け渡しなら、15分というスピードで仕上げてくれる印刷会社も存在します。お届け先が近隣であれば、配達であっても数時間ほどで届けるサービスも存在しますから、覚えておくと何かと安心です。時間的に余裕がある場合には納期の自由さよりも、高品質で安く作ってくれるところに名刺発注するなど、印刷会社を使い分けるとよいでしょう。